PA300601.ORF

Diavolo Studio

国内有数のリゾート地・白馬に、プロレベルのプリプロダクションやミキシングに対応可なコントロールルームを要するレコーディングスタジオがオープン致しました。

メインのDAWシステムにProTools | Carbon×Macを導入し、さらに世界の音楽シーンで非常に評価の高いNEVEやPueblo Audio JRのプリアンプを8ch分常設しております。

長期滞在も可能なパーソナルな空間で制作をしながら、気分転換に北アルプスを眺めて名作の誕生をお迎えいただけたらと思います。

PA300624.ORF

about us

3つのブースからなるDiavolo Studioはメインとなるコントロールルームが一番広く、昨今流行りつつあるレコーディングしたデータのみ納品のミキシング案件、またその前段階であるプリプロダクションに特化させ、反響特性を生かし音の解像度を極限まで引き上げた音響になるよう設計いたしました。他の二つのブースに関しては吸音施工を施しピュアでダイレクトなサウンドでのレコーディングが可能です。なおPueblo Audio JRもしくはCarbonのプリアンプによる同時録音数は8chになります。演奏・ボーカルどちらのブースからもモニター映像によるオペレーションを可能にし、お互いがリアルタイムに視認できストレスなく制作をしていただけます。音響施工はSalogic社製の木製反響版をフル導入し、村田研治氏による調音チェック済。そしてプロユースのスタジオ施工でおなじみの高橋建設が建設施工を担当してくださいました。

 

※当スタジオにはエンジニア・音響スタッフは常駐無しとなっており、現地の宿泊スタッフも機材などの質問にはお答え出来ないことをご理解いただくとともに、出来るだけ有識者を伴ってのプロジェクトでのご利用をお願い致します(ただしプロエンジニアの派遣のご相談は受け付けておりますので、一度エントエンスタッフまでご連絡ください)。

entoenstudio2.jpg

Booth

PA300619.ORF

CONTROL ROOM

DSC_1778.JPG

AMP SPACE

DSC_1785.JPG

VOCAL BOOTH

PLAY BOOTH

Studio Equipment

​Recording

PA300620_edited.jpg

PC:Apple Mac mini 3.2GHz 6コア第8世代Intel Core i7

  (Kensington ExpertMouse付)

DAW:Pro Tools | Carbon

https://www.avid.com/ja/products/pro-tools-carbon

Sperker System:FOSTEX NF-01R、NF-04R

Woofer:Focal Sub6

Monitor System:CRANE SONG Avocet
Quebox System:Behringer P16-I POWERPLAYーP16-M  POWERPLAY×6
PA System:Soundcraft LX7 II 24ch
リハーサル用PA:System YAMAHA STAGEPAS 400BT

Outboard

Pre Amp:Pueblo Audio JR Series(8+8 Package B), MORG-81(NEVE1081系プリアンプ)
Comp:Urei 1178, Neve 33609/C, MANLEY STEREO   
VARIABLE-MUカスタム, WES AUDIO Beta76
Microphone:NEUMANN TLM67×2、AKG C451B×2、audio-technica ATM230×3、AKG D12VR、AKG C-214 STEREO SET、SHURE 58、SHURE 57
Headphone:Sennheiser HD650、SONY MDR-CD900ST×3、BeyerdynamicDT770PRO、
audio technica ATH-M20x

Supported by MORG(http://www.morg.jp/)
1634818844816.jpg

Amplifier&Instruments

DSC_1784.JPG

Amp:FENDER  Champion 100、VOX StompLab IIG(ギター用エフェクター)、AMPEG RB-110、VOX Pathfinder Bass 10

Drums:PEARL  SSC925S、RS525SCWN
Cajon:PCJ-70
Guitar:TL250II Rose Gold
Bass:JB420 Green
Keyboard:Roland RD-700SX、YAMAHA P-125WH

 

Habitability

スタジオをお使いの方は、スタジオ隣にある8畳のリビングスペースと6畳の洋室をご自由にお使いいただけます。玄関やトイレもスタジオ使用者専用のものがあり、完全にプライベート空間が守られた居住性を確保しております。スタジオ内の音をリビングのコンポで聴くことも可能(要結線)、さらにアレクサでも繋がっております。キッチンや食器なども最低限常備してありますので(原状復帰していただれば無料)料金プランによっては自由なタイミングでの食事も可能となっております。もちろんエントエンの朝食やディナーもいただくことができます(前日までの予約のみ)。お風呂も宿の大浴場がご使用いただける他、近隣には温泉もあります。

PA300614_edited.jpg

Price

PA300624.ORF

1Day 100,000(税別)~

定員5名まで(リビングスペースおよび洋室での5名の宿泊費含む、宿のトイレ、大浴場使用可、館内完全禁煙)。音出しはチェックイン(15時~。前に利用者がいない場合はスタジオ施設のみ午前10時から使用可)からチェックアウト日の13時まで。チェックアウト後の音出し希望の場合は5,000円/1h(22時完全撤収)とします。原則として24時間音出しOKとなっておりますが、宿のスタッフより音止めの要請があった際はそちらを優先させていただきます。定員を超える場合、また定員に満たなくてもエントエンの客室を使用する場合はお一人様素泊まり1泊3,000円(税別)にてご宿泊いただけます。

スタジオの備品はチェックアウト前に原状復帰、並びに簡単な清掃をお願いします。マイク、スタンド、ヘッドホン等のレンタルはフリーとなっておりますが、お客様のお取り扱いによる不備等で発生した故障・破損等につきましては修理に際した実費をいただきます。

DSC_9867.JPG

Option

お食事はご自身でご用意していただく他にもちろんエントエンのお食事もご利用できます(朝食¥1,500、夕食¥2,500、昼食はランチ営業時のみになります)。前日15時までのご予約が必要になりますが、オープン以来ご好評いただいているエントエンのプチコースディナーをぜひご堪能ください。

なお、エントエンの食堂にはライブ演奏の出来るステージもございます。仲間やサークルなどでのエントエン貸切時には無料でご使用になれますのでスタッフにご相談ください(使用は17時~21時まで。機材レンタル代は別途¥22,000いただきます)。

CONTACT
tel  0261-72-2347​
fax 0261-72-3357​

電話によるお問い合わせ受付時間 9:00~21:00